Home » 兵聴協からのお知らせ, 手話対策部, 更新記事, 行事案内, 関係団体 » 第29回近畿手話通訳問題研究討論集会(近通研集会)in滋賀のお知らせ

第29回近畿手話通訳問題研究討論集会(近通研集会)in滋賀のお知らせ公益社団法人兵庫県聴覚障害者協会

締切が11月16日(金)まで延長になりました!

第29回近畿手話通訳問題研究討論集会(近通研集会)in滋賀は2012年12月15日(土)~16日(日)、滋賀県大津市で開催されます。たくさんの方の参加をお待ちしています。
第29回手話通訳問題研究討論集会in滋賀の開催要項(参加申込書付き)はこちらからダウンロードできます
第29回近畿手話通訳問題研究討論集会
日 程:2012年12月15日(土)~16日(日)
会 場:ピアザ淡海 滋賀県民交流センター(大津市におの浜1-1-20)
テーマ:手をつなげよう ひろげよう 私たちの未来へ!
参加費:3,000円
申込み締切:2012年10月31日(水)

【日程】 12月15日(土)
13:00~ 受付
13:30~14:00 全体集会 講演「災害と情報アクセス」
講師:(財)全日本ろうあ連盟理事長・(社)滋賀県ろうあ協会副会長 石野富志三郎氏
14:15~16:30 分科会

【日程】 12月16日(日)
9:15~ 受付
9:30~12:00、13:00~15:00 分科会

【分科会テーマ・討論の柱】

第1分科会 「手話通訳の制度」 1.手話通訳の設置・派遣制度の現状と課題
2.私たちが求める手話通訳者像
3.専任手話通訳者の役割と身分保障
4.裁判員制度と手話通訳
第2分科会 「手話」 1.地域で使われている手話の収集・整理・保存の取り組み
2.いろいろな分野での手話の研修や普及
第3分科会 「手話講習会」 1.手話奉仕員及び手話通訳者養成事業の現状と課題
2.各種手話講習会の現状と課題
3.手話検定と統一試験に対する地域での取り組み
第4分科会 「聴覚障害者とテレビ」 1.手話(通訳)字幕付き放送の現状と課題
2.緊急時の情報保障
3.NPO法人CS障害者放送統一機構の現状
第5分科会 「手話サークル」 1.聴覚障害者とともに歩む手話サークルとは
2.地域に根ざした手話サークルとは(災害・生活支援)
3.手話サークル運営のあり方
第6分科会 「聴覚障害者の医療と生活」 1.聴覚障害者が安心できる医療保障とは
2.医療場面での手話通訳保障について
3.医療関係者との連携や地域のつながり・生活支援
第7分科会 「聴覚障害者と労働」 1.聴覚障害者と雇用をめぐる地域の動き
2.就労移行制度を働く者の立場から考える
3.職場での聴覚障害者へのコミュニケーション保障
4.手話協力員、相談員の仕事
第8分科会 「手話通訳者の健康」 1.健康で手話通訳を続けるために
2.各地の健康の取り組み
3.私の健康法(みんなで経験を語り合いましょう)
【申込資格・方法】
※参加資格は、主催団体の会員であること
※申込書に記入の上、費用をそえて各府県聴覚障害者協会にお申し込みください。

主催:近畿ろうあ連盟 近畿手話通訳問題研究会 近畿手話サークル連絡会
主管:第29回近畿手話通訳問題研究集会実行委員会

※書籍などの販売、署名・カンパ、レポート発表など詳細については開催要項をご覧ください。


カテゴリー

  情報センターブログ新着情報

Sponsored by

Copyright(c) 2012 公益社団法人兵庫県聴覚障害者協会 All Rights Reserved.