Home » 全日本ろうあ連盟, 兵聴協からのお知らせ, 更新記事, 行事案内, 関係団体 » 情報アクセシビリティ・フォーラムを東京・秋葉原で開催(全日本ろうあ連盟)

情報アクセシビリティ・フォーラムを東京・秋葉原で開催(全日本ろうあ連盟)公益社団法人兵庫県聴覚障害者協会

近年、障害者権利条約で最も重要な用語として「アクセシビリティ」があります。とりわけ、聴覚障害者の情報アクセスは視覚からの情報が非常に重要ですが、聴覚障害者が抱えているバリアが目に見えないだけに、まだ市民の十分な理解を得るに至っていません。情報アクセスのバリアフリー化は聴覚障害者のみならず、他の障害者や健常者に対しても大変有効です。アクセシビリティの理念と、現在の聴覚障害者を取り巻く情報アクセシビリティの動向を市民に広めるため、「情報アクセシビリティ・フォーラム」を開催し、情報バリアフリー社会の広がりを促していきます。

兵聴協では、参加協力券を販売しています。1枚1,000円です。兵庫では先着40名様となりますので、お早めにお申し込みください。情報・アクセシビリティフォーラム協力券販売案内・申込書はこちらからダウンロードできます。たくさんの方々のお申し込みをお待ちしています。

情報・アクセシビリティフォーラム

「情報アクセシビリティ・フォーラム」(主催:一般財団法人全日本ろうあ連盟)

日 時 11月22日(金)~24日(日)
※各エリアで開催時間帯が異なりますのでご注意下さい。

場 所 東京・秋葉原UDX

●映像エリア
講演(1)「映像メディアを考える?無声映画から発声映画へ」
講演(2)「映像メディアを考える?ろう者が見やすい字幕とは?」
講演(3)「映画に見るろう者の生活文化と社会観」
講演(4)Braam Jordaanのアニメ作品
映画(1)「舟を編む」
映画(2)「生命(いのち)のことづけ」「音のない3.11」他1編
映画(3)「たき火」
映画(4)「小さな下町・さくらの詩」

●会議エリア
・国際ワークショップ テーマ「電話リレーサービスの普及と定着(仮)」
・情報アクセシビリティ・カンファレンス 講演「音のない世界 ~心のふれあいから聞こえてくるもの~」映像作家 早瀬憲太郎氏
・特別講演「ITU-Tが目指すアクセシビリティの世界」 国際電気通信連合 アンドレ・J・サックス氏
・パネルディスカッション「情報アクセシビリティが織りなす社会とは」
・講演「3・11と情報アクセシビリティ」
・情報アクセシビリティ・ワークショップ
「すべての人がコミュニケーションできる社会へ」
「緊急通報のアクセシビリティ」
「より多くの人々が共に利用しやすい共用品・サービス」
「交通とアクセシビリティ」
「聴覚障害者情報提供施設の取り組み」
「これからの障害者放送」
「情報とコミュニケーションにアクセシブルな社会に向けた取り組み」
「ここまで来た手話・字幕放送対応技術」
「アクセシブルな放送へ」
「手話通訳とアクセシビリティ」

●展示エリア
・情報通信展示ゾーン
聴覚障害者の生活向上に寄与する最新技術の紹介、情報アクセシビリティにかかわる機器・サービスを紹介する。
・放送・映像展示ゾーン
・体験・啓発ゾーン
聴覚障害者はなぜ、情報アクセシビリティが必要なのか?を理解できる体験や解説展示
・関連展示・販売ゾーン


カテゴリー

  情報センターブログ新着情報

Sponsored by

Copyright(c) 2013 公益社団法人兵庫県聴覚障害者協会 All Rights Reserved.